結婚式の演出アイテム編~生い立ちムービー~

生い立ちムービー

新郎新婦の今までを紹介する、生い立ちムービー。

結婚式の定番演出の一つです。

今回は、生い立ちムービーの制作手順とおすすめアイデアについて、確認していくことにします。

 

結婚式での生い立ちムービーの一般的な制作手順

1.構成を考える

まずは、構成を考えていきます。

もっともポピュラーなのは

  • 新郎の生い立ち&新婦の生い立ち
  • ふたりが出会ってから結婚にいたるまでの流れ

という構成。

6~8分程度で構成するのが一般的です。

 

2.写真やムービーなどを集める

小さいころの写真や思い出の写真を集めましょう。

結婚式に出席しているゲストの写真も、積極的に使用するのがおすすめです。

 

3.動画編集ソフトなどで制作

構成と写真が集まったあとは、動画を作っていきます。

そのほかの映像と同様のソフトで制作可能です。

 

4.確認して完成

ムービーを制作し、ブルーレイやDVDに書き出しましょう。

そのほかの映像と同様、規格に問題がないかプランナーさんに確認してもらってくださいね。

 

上映時間7分の場合の写真枚数の目安

  • 新郎生い立ち ⇒ 13~14枚
  • 新婦生い立ち ⇒ 13~14枚
  • おふたりの写真 ⇒ 13~14枚

1枚あたりの表示時間によっても、枚数の目安は変わってきます。

1枚あたり6~9秒程度で考えましょう。

 

結婚式での生い立ちムービーのおすすめアイデア

アルバム風生い立ちムービー

アルバムを開くように、思い出を振り返るムービー。

定番ではありますが、感動度はNo.1です!

 

ナレーションつきムービー

生い立ちムービーは、「音楽+字幕」で構成されることが多いですが、ナレーションをつけてみるのもアリ!

おふたりの声が入ることで、より親近感のある印象となりますよ。

 

現在から過去にさかのぼるムービー

現在から過去にさかのぼるのも、斬新なアイデア。

だんだんと幼くなる新郎新婦に、思わず微笑みがこぼれそうですね。

 

両親の結婚からスタートするムービー

ご両親の結婚からスタートするのもステキ。

両親への感謝を伝えるとともに、サプライズな演出となるでしょう。

「家族にしっかり感謝の気持ちを伝えたい!」という方にも、おすすめのアイデアです。

 

まとめ

以上、結婚式での生い立ちムービーの制作手順とおすすめアイデアについて、確認してきました。

生い立ちムービーの上映は、会場が盛り上がるだけでなく、思い出を振り返りながら感動的な雰囲気になるシーン。

ぜひおふたりで思い出を語り合いながら、素敵な生い立ちムービーを作ってくださいね。